スムーズに済ませたい!遺品整理の依頼前に理解しておくべき内容を徹底解説

遺品整理は「形見分け」とも呼ばれていて、個人が生前使っていた物品を整理して必要なものを保管したり処分したりすることです。
一般的に四十九日(無くなってから49日間)後に行いますが、生前愛用していた品々を整理し時には友人に送ったりするなど方法は様々です。
いきんの数などが多い場合や、売却を検討する際は業者に委託することもありますが、中には悪徳業者に買いたたかれることもあるので基本的な知識を習得していたほうが安全といえます。

スムーズに済ませたい!遺品整理の依頼前に理解しておくべき内容を徹底解説

具体的には遺品整理と検索すると「広告」として一番上に表示される業者については、すぐに飛びつかないようにしたほうが賢明です。
最近ニュースでネットで広告表示されていた業者を利用したら法外な手数料などをとられて、行政処分に至ったニュースを目にした方もいるかもしれません。
最も安全な方法としては葬儀社などから紹介されるような業者だと、比較的安全に遺品整理の取引が可能です。
ただし依頼前に複数の業者を検討することも、重要なポイントです。

自分たちの負担を減らせる遺品整理とは

遺品整理とは、故人の私物を処分することです。
遺品がたくさんあったり、重い物などがある場合は処分が困難になるため専門業者に依頼をされてみてはいかがでしょうか。
遺品整理とは故人が遺した物を片付けなければならず、遺族にとって負担が大きい作業となります。
作業工程もそうですが、家族が亡くなってから悲しみの中で行う作業は負担となるため、遺品整理のプロである専門業者に任せるようにしましょう。
業者選びに迷った場合は、比較サイトに掲載されている情報を参考にしたりインターネットの口コミを見て決めると安心です。
また、ホームページを閲覧して遺品整理の資格を持つスタッフが在籍している業者を選ぶと、より安心して利用することができます。
遺品整理にかかる料金は、遺品の数や質、専門業者によっても異なるので詳しい料金を知りたいならば査定を依頼されることをおすすめします。
無料で査定を行っているところが多いので、気軽に問い合わせをされてみてはどうでしょうか。

遺品整理を頼むまでの基本的な流れ

遺品整理を希望する方は、依頼するまでの流れを事前に確認することで後悔しない作業を行ってもらえます。
依頼者の要望による違いはありますが、まずはインターネット上から遺品整理会社の中から住宅のあるエリアを担当する会社のホームページを確認することが始まりです。
大よその利用金プランを一覧表で提示している会社がありますが、この料金は実際には荷物の量や住宅の間取り、付随するサービスによって違いが出ているので、複数の会社を比較して現地調査を依頼することも大切な内容です。
多くの遺品整理会社で現地調査で算出した見積書を無料で発行をしているので、後から高額な料金が要求されることは殆どありません。
逆に依頼者の希望によって遺品の中で価値がある物品に対しては廃棄するのではなく買取りをしてもらいたいと希望した場合、サービス内容に買取りも入れている会社があるので他の買取り会社を使わずに1度で済ませることが可能になります。
片付けが完了した後には室内清掃も行う会社まであるので、希望するプランを全てに対応する遺品整理会社に厳選をして契約することが一連の流れです。

遺品整理に立ち合いは必要なのか?

遺品整理の際に立ち会いが必要なのか気になってきます。
特に遠方に住んでいる人だと、気軽に出向くことができないため、この点が問題になるでしょう。
業者によっては、立ち合いが必要になるケースも存在しています。
やはり、必要な物とそうではないものを聞きながら処分していかないと、遺品整理のときに大事な物を処分してしまうリスクが大きくなる心配が存在しています。
一度処分してしまうと、手元に戻ってくることはないので大問題になってしまうでしょう。
基本的に、一緒に遺品整理を見守るのが基本です。
ただし、どうしても一緒に見守ることができないときには、不在でも処分してもらうことが可能です。
この場合、事前にいるものといらないもの、供養するものをメモにまとめておき、十分な打ち合わせを行うことが重要です。
メモがあれば、業者もそれを見ながら遺品整理を行うことができます。
事前に打ち合わせを行っておくことで、後から起こるトラブルの心配もなくなってきます。

遺品整理の見積もりは明細までチェック

対応エリアやイメージや評判やコンセプトやサービスの範囲やサポートの内容や営業時間や作業にかかる時間やキャンペーンなど、遺品整理業者を選ぶときにチェックするポイントは幾つかありますが、トータルで掛かる費用も大事なチェックポイントの一つです。
それを見極めるために行うのが相見積もりです。
見積書を見れば金額が一目瞭然で、業者を比較しやすくなります。
遺品整理業者によって料金の表示方法や料金システムが異なりますので、見積書は注意深く見て正しく把握しなければなりません。
最もチェックすべきなのが明細です。
表示された金額だけを見て判断するのは危険です。
内訳が曖昧だったり具体的なサービス名が記載されていなかったり諸経費が全体の金額に対して不自然に高かったりすると、契約後にあれこれ何かしらの理由を付けて追加で請求されるかもしれませんので、トラブルを避けるためにも隅々までチェックして把握しておくべきです。
不明点があれば、その都度問い合わせましょう。

遺品整理の規模によって変わる所要時間

一口に遺品整理といっても、作業の開始から終了までの所要時間はさまざまです。
故人が残した物品の量によって大きく変わってきます。
とはいえ、実際には遺品整理をスタートしないと、どれくらいの量があるのか分かりません。
そこで指標に使われるのが故人が使っていたスペースの広さです。
これがアパートのワンルームや一戸建ての書斎程度なら、半日もあれば片付くことも珍しくありません。
しかし実際には、そこだけで生活しているというケースは少ないです。
複数の場所に物が置かれていることも多く、その場合は1日近くかかることになるでしょう。
もちろん、もっと規模が大きければ、それに応じて必要な時間も延びていきます。
家一軒丸ごとというケースでは、3日程度かかることもあるでしょう。
それどころか屋敷なら、1週間ぐらい必要になることもありえます。
決して稀なことではなく、故人がお金持ちだった場合はそうなりやすいです。このようにスペースの規模が有力な目安になります。

遺品整理の料金を支払うタイミング

遺品整理はゆっくりと時間をかけて進めていくこともできますが、できるだけ早く終わらせたいという場合は専門の業者に依頼することもおすすめです。
遺品整理では、遺品の回収や処分だけではなく買取や供養まで幅広く対応してくれます。
遺品を回収後のハウスクリーニングやリフォームに対応している業者も少なくありません。
サービスを利用した場合は料金も発生しますが、いつ支払うのかそのタイミングも知っておきたいところです。
まず、作業の前には見積もりが行われ、金額が提示されることが一般的です。
その金額に納得できたら作業を進めていくことになります。
ほとんどの場合は前金は必要なく作業終了後に支払うことが多くなっています。
すべての作業が終了したことを確認してから支払いへと進んでいきましょう。
現金でその場で払うこともできますし、カード払いに対応している業者もいます。
振り込みの場合は、作業終了後に指定の口座に振り込むことになります。
業者によって、支払いのタイミングも違いますので、作業前に確認しておくとより安心です。

遺品整理のトラブルを回避するコツ

"故人の生前の私物を遺族が遺品として整理することを遺品整理と呼んでいます。
近年では日々忙しかったり遠方にあると言う理由から、このような遺品整理を専門業者に依頼するケースが非常に増えてきています。
しかしそれに伴ってトラブルが増えているのも実情です。
トラブルを回避するコツについて、事前に頭に入れておくことが大切です。
そのコツはなんといっても信頼できる遺品整理の専門業者に依頼することが重要です。
近年では業者が年々増加中ですが、質に大きな差が生じているのが実情です。
中には悪質業者も紛れていて、トラブルが起きたとしても泣き寝入りになる危険性が大いに考えられます。
自分の希望に応えてくれる業者を選ぶことが何よりも重要と言えるでしょう。
見極めるポイントとしては、費用を明確に提示しているかどうかが挙げられます。
相場よりも安く見積もり、作業が終わり追加で高額な費用を請求するケースもあります。
事前見積もりの段階で細かい作業内容と金額を提示する業者を選び、これ以上は追加料金がかからないことを確認するようにしましょう。
さらには必要な遺品を確認することです。
必要な遺品のリストアップは必ず行い間違って破棄しないように十分に注意しましょう。

遺品整理と生前整理の相違点を確認

遺品整理と生前整理は、作業内容自体に大きな違いはありませんが、これら2種類の整理の決定的な相違点は持ち物の所有者が亡くなっているか、存命中かという点です。
遺品整理では、持ち物の所有者が亡くなった後に相続人が故人が残した品物を片付けます。
持ち主不在の状況で整理することになるので、残すべきものと処分すべきものの仕分けに迷ってしまうケースが少なくありません。
また、故人が残した全てのものが整理の対象となるので相続人にかかる負担は非常に大きく、場合によっては遺品の処理方法で相続人同士が揉めてしまう可能性もあります。
一方の生前整理では、亡くなる前に自身の持ち物を整理するので、残すものと処分するものの仕分けをスムーズに進めることが可能です。
加えて、身の回りの品物をある程度片付けておくことで相続人にかかる負担を軽減できますし、相続人同士のトラブルを未然に防げるというメリットもあります。
そのため、可能な限り自身が亡くなる前に身の回りの品物を整理しておくことをおすすめします。

遺品整理の後に実施される清掃作業

遺品整理をする清掃作業も立派な仕事の1つです。
遺品整理を専門とする会社がいくつかあり、専門とする清掃作業員がいます。
普通の作業とは工程が違い、下準備があります。
いろいろな工程を経て行っているため普通の人にはできない知識を求められます。
パートとして勤務されている人もおり、普通の作業員と比較して時給が高いです。
家族のために残している遺品もあり、中には価値にあるものもあります。
法的なことに関わることも少なくたいため、精神的にも大変です。
故人が大切にしてきたものが多いですから、故人のことをよく考えることができるような人でないと務まることはできません。
遺品一つひとつに思いが込められていますから、それなりの覚悟を持って遺品に思いをぶつけることが当然なのです。
どのようにして整理すれば残された家族や人が満足してくれるのかを常に考えています。
故人のため、生きている人のため、遺品のことを伝えていく大切な仕事なのです。

遺品整理に関する情報サイト
はじめての遺品整理

遺品整理は「形見分け」とも呼ばれていて、個人が生前使っていた物品を整理して必要なものを保管したり処分したりすることです。一般的に四十九日(無くなってから49日間)後に行いますが、生前愛用していた品々を整理し時には友人に送ったりするなど方法は様々です。いきんの数などが多い場合や、売却を検討する際は業者に委託することもありますが、中には悪徳業者に買いたたかれることもあるので基本的な知識を習得していたほうが安全といえます。

Search